エクスクルーシヴのオーディオ隠れ家


オーディオの日誌
by エクスクルーシヴ
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
今日


全体

カテゴリ
最新の記事
静かな冬の愉しみ
at 2017-12-07 23:56
小春日の穏やかな日々に
at 2017-11-29 21:14
三枚のMISTY
at 2017-11-20 21:59
最新のコメント
umekichiさん ..
by tatsuo2009 at 23:04
吉田拓郎ですかそれとも森..
by umekichi at 22:26
ミーさん 私、素直に信..
by tatsuo2009 at 14:41
エクスクルーシブさんのオ..
by ミー at 13:16
そうですよ! 車椅..
by woo at 16:33
wooさん オーディオ..
by tatsuo2009 at 10:30
Oショックから徐々に立ち..
by woo at 02:46
全くお恥ずかしいです。変..
by トヨ at 17:48
umekichiさん ..
by tatsuo2009 at 23:30
高齢で悩んでる駄耳おやじ..
by tatsuo2009 at 23:22
お気に入りブログ
外部リンク
以前の記事
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:アナログ( 23 )


三枚のMISTY

寒くなってきました、そのせいか少し体調がおかしく、今日は朝から薪ストーブで音楽聴きながらのんびり過ごすことにしました。


最近オークションで山本剛のMistyを入手したのですが、これで同じものが3枚目になります。
音楽には全く素養のない私ですが、これ好きなんです。

最初に入手した一枚は、昔、普通に販売していた恐らく当時1500円位のモノです。(これCとします)
c0217169_16041973.jpg

一曲目にノイズがありました。




2枚目は最近(2015)の再発盤でマスター盤プレッシング、180g重量盤(33rpm)とかで販売店より新品4500円でした。(これAとします)
c0217169_16111132.jpg



3枚目は先日オークションで入手したもので、TBM25周年記念スーパーカットLP完全限定版、当時の定価3500円のモノです。(これBとします)

c0217169_16160389.jpg
これも一曲目にノイズありました。


それで、音楽マニアでないオーディオマニアの私は、どれが音がいいのかなとはっきりさせたいわけであります。

丁度、隣のオバサンがストーブの火にあたりに来ましたので判定をお願いしてみました。
このオバサンは、私以上に音楽の素養はありませんし、曲も盤の種類も何も全く知りません。(私から、何の説明もしません。)

火にあたりながらで、SPには後ろ向きになりますが、気楽に聴いてみて下さい。と

Aを聴いていただき、Bをかけますと5秒でBです。
次にCをかけますと、Aに似ているがもう一度Aを、・・・・Cの方が良い。

B>C>Aです。

c0217169_21455469.jpg


つまり、昔の限定盤>昔の普通盤>最新の180g重量盤という判定でした。
しかしまあ、隣のオバサンの判定ですから。



三枚のMistyはこの様な結果でしたが、三匹のスッポンはというと、
養子に出した四匹が育児放棄を受けたため、一時的に里帰りさせ合計七匹になりました。


c0217169_16525998.jpg
大きくなるまで待っててください。





[PR]

by tatsuo2009 | 2017-11-20 21:59 | アナログ | Comments(13)

トーンアームソケット

ortofon SPU の音を聴いてみたく、今年の半年前に中古をオークションで購入しました。

ただ自作の木製トーンアームはカートリッジ直付けのため、ヘッドシェル一体型のSPUは取り付け出来ないので裸のSPUでした。
しかし、カンチレバーを補修したものだったせいか、高域が歪んでいました。

そのため、あまり気に入ってなく雑に扱い、針先を欠けさせてしまいました。

私、貧乏性でオークションで安物を漁り、よく失敗します。

今迄の経験で、カートリッジの中古は外れが殆どです。
なので田んぼのバルコニーから飛び降りたつもりで、新品のSPUを購入しました。
と言ってもSPU#1Eという下位モノです。
c0217169_23221775.jpg

これを取り付けるには普通のトーンアームのようにヘッドシェルとの間にソケットが必要になります。
で、以前に作っていたステンレス製トーンアームにソケットを取り付けようと思いました。
ところが、部品としてのソケットがあまり販売されてないのです。(オヤイデにもありません。)

何とか見つけたSMEトーンアームのソケット部品は4万円もします。    信じられない!

c0217169_23235301.jpg
止む無く、またまたオークションの安物を千百円で入手しました。


でSPU装着

c0217169_23274674.jpg
全体は

c0217169_23291920.jpg

c0217169_23300396.jpg

c0217169_23381182.jpg



まあこんな感じです。
SPUらしい音はしてますが、割と現代的かな~
やはりもっと上位のSPUでないと、味出ないか。

SPU Meister Silver MK Ⅱとかくれないかな~  synergyでもいい。


[PR]

by tatsuo2009 | 2017-11-16 09:14 | アナログ | Comments(7)

裸のS○○

オーディオも終焉、人生もそろそろかも。

しかし、思い残すことはいっぱいある。

もう一度、あの力みなぎった濃いS○○を体験したいなあ~

c0217169_924442.jpg
          (本文とは関係ありません)


と思っていたところ、裸なんですが実現できました。





アナタ! 私が言ってるのは、アナログの事ですよ。
そう、はだかのSPUが手に入りました。

カンチレバーの補修品で、さらにネイキッドとかで私以外誰も入札しませんでした。
でも私には裸の方が木製アームに直付けするので、都合良かったのです。
c0217169_9363777.jpg
(裸で直付け♡)

一般のヘッドシェルへの取付用スペーサーも付属で、良かったです。
c0217169_937650.jpg



これでもSPUらしい、低域の力強く濃い音がしてます。
ただ高域に少し歪感があるような気がします。
針圧は3,5gにしてます。
c0217169_9493198.jpg



うん、これくらいでアナログも終焉ですかね。(^^)v
[PR]

by tatsuo2009 | 2017-06-27 11:38 | アナログ | Comments(6)

動画投稿

動画投稿を最近やってなく、すっかりやり方が分からなく、苦労しました。
[PR]

by tatsuo2009 | 2017-05-15 12:05 | アナログ | Comments(6)

二刀流

自作のトーンアームを聴いていただいた方に、ステンと木とどちらがいいですか聞きますと、6対4くらいで木製が良いという返事でした。

私自身も木製の方が好きですが、前作は長さを目指したため軽くて柔らかい木で作りました。
しかし、やはり硬い木の方が良いのではないかと思い、以前から使用していたマニルカラという硬い木でトーンアームの改良版を作りました。



前作、全長777mm
c0217169_1364446.jpg


今回の新作、全長695mm
c0217169_1710266.jpg
c0217169_1371754.jpg




木製トーンアーム二本、左は前作 右は新作
c0217169_1374979.jpg


ステンレス製トーンアームは設置場所がありませんので、しばらくはこの木製トーンアームの二刀流でいきます。
c0217169_1342556.jpg




木製二刀流、どなたの挑戦でもお受けいたす。
c0217169_13423257.jpg

負けても看板没収は、カンベンして。
c0217169_13575629.jpg

[PR]

by tatsuo2009 | 2017-05-12 17:21 | アナログ | Comments(13)

改良型木製トーンアーム

ステンレス製トーンアームに比べ
c0217169_1201523.jpg


木製トーンアームはケーブルの露出が見苦しい。
c0217169_1213244.jpg




音は気に入っているのだが、ビジュアルオーディオ派の某氏に指摘されそうで、改良型を製作しました。

前作はマニルカラという硬くて重い木だったのですが、音質の変化を試したく柔らかく軽いアガチスという種類に変えてみました。

改良型木製トーンアーム仕様

糸吊り+ナイフエッジ+オイルダンプ式木製ストレートアーム
全長約 777mm
実効長約610mm

c0217169_12203986.jpg
c0217169_1221357.jpg
かなり軽い材種ですので、私のアーム最長記録777mmにしてみました。

前作に取り付けていたカートリッジ、トーンアームケーブルを改良型にそっくり移植しましたが、やはり音の違いはあります。

改良型はダイナミックで開放的な音、悪く言えば締まりがない。
前作は緻密だが豊かに響く、・・・う~んどちらでもいいことにしよう。
[PR]

by tatsuo2009 | 2017-04-28 17:13 | アナログ | Comments(3)

ステンレスタイプ完成

頭部
c0217169_1458167.jpg



軸受け部
c0217169_14584528.jpg

ナイフエッジの部品は過去に製作した部品を流用しました。今はもう工作機械が無く私には作れません。


全体
c0217169_14593142.jpg

仕様 糸吊り+ナイフエッジ+オイルダンプ式ステンレス製ストレート・トーンアーム
有効長490mm
全長約650mm



カートリッジは予備が無いため、私にとっては天草の崖の上から
c0217169_15593189.jpg
飛び降りたつもりでオーディオテクニカAT-F7(2万4千円)を取り付けました。
木製アームにはデノンDL-103Rです。
c0217169_15114084.jpg

音の印象はやはり材質のイメージ通りの違いがあるようです。
ステンレスタイプの方が機械的には凝った作りなのですが、木製アームの方が好みです。

トーンアームも楽器的な要素があるようです。

ならば、次は尺八と童謡に適したバンブータイプの製作じゃ~ 
c0217169_1665089.jpg
 (この部分は冗談です、念のため。)



追伸
盗まれた、残念!http://www.shuinsha.com/simplex_mk2.html
[PR]

by tatsuo2009 | 2017-04-11 15:30 | アナログ | Comments(10)

糸吊り式アーム、ステンレスタイプ製作中

木製アームは完成しました。
c0217169_1694546.jpg


全国より多数の予約注文を頂きましたが、天然木素材のため、トーンアームとしての性能を保証できるモノには数の限りがあり、別素材でのトーンアームの製作を現在鋭意試行中であります。






バンブータイプ
c0217169_1556477.jpg

これは宮崎セレブの方より注文頂きました。

これには、やはり竹針のカートリッジも必要と、竹取に山に入っていましたが、タケノコ泥棒と間違われ、現在開発がとん挫しております。






ステンレスタイプ
c0217169_1622264.jpg

これは熊本の大富豪の方が、海の見える崖の上の別荘で、アコウの木の下、静かに安らぎながら最期の音楽を聴きたい。
とのことで注文を頂き、潮風に強いステンレス製を提案させていただきました。

また何かのコンプレックスからか、可能な限り長いモノにとの注文もあり、太さと長さのバランスに試行を重ねていましたが、
もう一息で完成できるかと思います、間に合えばよいのですが。




(このお話はほとんどがジョークであります、念のため。)
c0217169_16163472.jpg

[PR]

by tatsuo2009 | 2017-04-09 16:59 | アナログ | Comments(10)

木製トーンアームの製作

木製のトーンアームといえば、昔グレースがあった。

c0217169_13322252.jpg


しかし、国産の単体トーンアーム自体少なくなった今、木製アームは無いみたいである。

ならば、自作しかない。



既に試作機は三年前に完成し、その間の動作試験も特に問題ないようであった。
そこで、愛媛低音倶楽部会員限定頒布タイプの製作に取り掛かりました。


仕様
アーム形式  木製(マニルカラ)ストレートアーム、糸吊り式
アーム有効長 480mm
    全長 650mm



開発に苦節一ヶ月、ほぼ全容が見えてきましたのでここに発表させていただきます。


カートリッジ直付けの頭部
c0217169_13543166.jpg



特製真鍮バランスウェイト
c0217169_13545242.jpg



糸吊り式軸受け部
c0217169_13551946.jpg

こんなままごとみたいな単純な軸受けで安定した回転動作するのかと私自身思っていましたが、ある機構を加えることで大丈夫です。


全体
c0217169_13554565.jpg

このアームの木は自宅で七年以上寝かせたものです。
c0217169_13561960.jpg




只今、限定価格1000000円にて先行予約を承っています。
[PR]

by tatsuo2009 | 2017-03-30 15:23 | アナログ | Comments(6)

G3太地

マークレビンソンのDACはすったもんだの挙句、結局9月にハーマンへ修理に出したのですが、何も言ってこないので10月中旬に問い合わせたところ、船便でトランスを取り寄せているのでもう少しお待ちくださいとのことでした。

しかし、もう2ケ月が過ぎた?
帆船か、蒸気船なのだろうか。


そんな今日この頃なので、オーディオの意欲も停滞しています。
しかし、まったく音沙汰なくしていると遂に成仏したかと、某氏を喜ばせてもいけないので、小ネタですが、ブログにあげてみました。


アナログプレーヤーのベースに厚さ8ミリのアルミ板を敷きました。
c0217169_164318.jpg




Ge3に大地というボードがあるらしく、ひでさんやうめきちさんが怖いのでこれは
G3太地(じーさん、たいち)にしておきます。https://ge3.jp/store/products/detail.php?product_id=242

c0217169_16462565.jpg


本家の大地は、アルミよりも鉄板を推奨しているようです。


c0217169_1646236.jpg


以前は真空管式フォノイコ使用時に少しノイズが出ていたのですが、アルミ板を敷いたところ格段にノイズが無くなりました。


まあそんなところで、そう面白くもない平凡な日々を送っています。
[PR]

by tatsuo2009 | 2015-11-05 17:52 | アナログ | Comments(8)