エクスクルーシヴのオーディオ隠れ家


オーディオの日誌
by エクスクルーシヴ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
今日


全体

カテゴリ
最新の記事
徳島巡礼
at 2018-07-15 22:50
良識あるアナログマニアの方限..
at 2018-06-22 16:41
カートリッジキーパー EX-..
at 2018-06-04 16:47
最新のコメント
k100さん たまたま..
by tatsuo2009 at 09:04
奥方が若く見えますねぇ〜..
by k100 at 08:19
wooさん、もう積め..
by tatsuo2009 at 08:02
最後のくだりがウケた(笑)
by woo at 00:55
ponさん 雨にも..
by tatsuo2009 at 19:20
雨大丈夫?
by pon at 15:26
ミーさん 過分なお言葉..
by tatsuo2009 at 22:11
カートリッジキーパーの実..
by ミー at 21:32
お高いものはありません。..
by taka at 08:35
隣に座られただけの方です。
by tatsuo2009 at 22:03
お気に入りブログ
外部リンク
以前の記事
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:Jazz・Audio巡礼( 96 )


愛媛托鉢の旅

九州托鉢から帰り一週間、拙宅の音はほとんど聴いていません。

耳も精神も、すっかりやられてしまいました。

そんな時にtakaさんから、うちに来ないかとお誘いいただきましたのでリハビリがてら訪問させていただきました。

お昼にカレーの御接待を受けました。
c0217169_17094669.jpg
これは、市販のルーではありません。
takaさんはカレーマニアでもあり、オーディオよりもカレー研究歴は長いそうです。
今日頂きましたのは、辛口でとてもスパイシー、煮込んだすじ肉はとても柔らかく味もしっかりありました。
ごちそうさまでした。

そしてお口直しじゃなく、お耳直しにAltecをまったりと聴き、耳のリハビリです。

c0217169_17265954.jpg


カレーとJAZZとAltec、ピッタリ合いますね。
Jazz喫茶やるなら、喰い物はカレーです、その時は、Takaカレー仕入れましょう。(笑)


最近CROWNのチャンデバを仕入れたそうです。


c0217169_17290856.jpg
これで、納得の音が出、満足の状態であるとの事でした。

カートリッジもビクター製に変更していました。(Z-1でしたか?)

c0217169_17324600.jpg


この日同行したラッパのH氏は、
ラッパーではありません、ラッパ吹きの方です。
(九州にはラッパ飲みがたくさんいましたねぇ、)

うん、ラッパを吹く舌使いが分かる!!
と頷いていました。
そうなんですか! 私にはとてもそんなことは分かりませんが、なるほどです。
c0217169_17481689.jpg
そのH氏からのご案内です。


c0217169_19321112.jpg
c0217169_19330396.jpg
Tenderlies
バイオリニスト竹内真知
ジャズギタリスト宮崎カポネ信義

私も行ってみようと思います、チケットは私に連絡いただいても確保できます。


今日は、くつろいで音楽を楽しめた一日でした。


c0217169_19383859.jpg
カレーも美味しかったです。





[PR]

by tatsuo2009 | 2018-05-20 19:45 | Jazz・Audio巡礼 | Comments(2)

九州托鉢の旅 その四

今回最後の訪問先となりました。

部屋に入るなり、大音響・衝撃波・振動・揺れ・・・暗い中に閃光を浴び

地震!!?  着弾!!?

かと思ったのですが、映画でした。


c0217169_09055112.jpg

c0217169_07590859.jpg


まさに狂気全開、ここはPON師宅です。

この部屋、町内会会員の皆様は私利私欲の部屋と呼んでいるようですが、正しくはある法人の研修室だと思います。
当然、研修に使われる視聴覚機材は完備されてますよ。



c0217169_09285086.jpg
手前に倒されているのはスクリーンです。
シャラーホーンの中に収めてるのは会員様分のツボです、既にお一人はお入りになっています。



c0217169_09492148.jpg
              キャノン砲、左右に2基。



c0217169_09495535.jpg

c0217169_09502292.jpg

c0217169_09504770.jpg


c0217169_09511463.jpg


c0217169_09513906.jpg
今回の目玉、ソウルノートの最新フォノイコライザー E-2


c0217169_09522919.jpg
今回の超目玉、DS Audio 香典式カートリッジ     DS MASTER1


ソウルノートは私も好きで、鈴木さんが開発したマランツPA02は8台持っています。(故障は多い)
フォノイコライザーも良さそうですが、高くて手が出ません。
今回初めて光電式カートリッジを聴かせていただきました、光と聞いてデジタル出力かと思ったのですが、アナログ出力でした。
詳しくはこちらを、http://www.ds-audio.biz/光カートリッジとは/

出音は、良さそうです。
先入観で現代的な音がしそうと思いがちですが、そうでもなく太めで密度もある好ましい感じでした。
こういったものは自宅視聴してみないと、判断できませんが、値段を考えなければ良いですね。
(フォノイコ55万、最上級の光電式カートリッジで70万)

この機材は、もしかしたら今回我々のために手配していただいたのではないかと思うのですが、大変高額なものを有難うございます。

更には、umekichi氏はPON師より何か特別なものを頂いたようです、


c0217169_09060974.jpg
これで兄弟の盃を交わしたのでしょうか。



お前、托鉢はしたのかって、
はい、訪問先各戸で十分なものを頂きました。
カバンに入らなかったものは、宅配で届くはずです。
しかし、一番有難かったのは町内会皆様の御接待のお気持ちでございます。


訪問先の皆様、ご同行の皆様、ありがとうございました。



2018,05,21 追記

町内会は真実を語っていない、何を守ろうとしているのか。       ・・・・愛媛県痴爺
c0217169_11140729.jpg


[PR]

by tatsuo2009 | 2018-05-17 20:44 | Jazz・Audio巡礼 | Comments(11)

九州托鉢の旅 その参

さて翌日、次の目的地は大分市内です。
13日の大分一軒目は、O氏宅を訪問させていただきました。

O氏も町内会会員だったのですが、一昨年前に交通事故でお亡くなりになってしまいました。
しかし、現在も月命日に町内会の皆さん集まり、偲ぶ会をされてるそうです。

オーディオ機器も当時のまま稼働できるよう、大切に保存されています。

これは生前のお人柄が偲ばれます。



ご愛用されてたオーディオ機器です。

c0217169_09145017.jpg
c0217169_09153714.jpg


c0217169_09164192.jpg


c0217169_09161624.jpg


c0217169_09170811.jpg




こちらも今回で4度目の訪問になるのですが、ご本人が他界されてるにも関わらず音が更に向上していました。


私の装置は私が死んでも未完成のままでしょうが、Oさん完成してますね。
私の装置は私が死んだら持ち去られるでしょうが、Oさん大切にされてますよ。

町内会の皆さんがそちらに行かれるまでもうしばらく、そちらでもお幸せにお過ごし下さい。 合掌

[PR]

by tatsuo2009 | 2018-05-16 22:52 | Jazz・Audio巡礼 | Comments(2)

九州托鉢の旅 その弐

コリン邸を辞し、次の目的地へ向かいました。

大分から熊本へ向かいます、熊本に入りますと、ところにより道路が大きく上下にうねっており、工事中になっていたり、通行止めの箇所もありました。
運転手役で帯同したH氏にルートを探索させながらの進行でした、震災の復興はまだまだのようです。

行程計画より少し遅れましたが、阿蘇に無事到着しました。
c0217169_15212569.jpg
         ここは公園ではありません、私有の宅地です。



c0217169_15231890.jpg


       これは、ガダルカナル島に残された旧日本軍のトーチカ


ではありません、半地下式のオーディオ専用ルームです。
この構造のせいか、地震にも殆ど被害が無かったそうです。
(少し近くには仮設住宅団地がありました。)

右隣建物はは庭の東屋です。
本宅は私の判断で、非公開にしておきます。




早速、トーチカ内部へ侵入

c0217169_15391018.jpg
ありゃ、ここの主wooさんと、ひでさん、umekichiさんが悪しき計画を練っているようです。

c0217169_10490715.jpg
レコードを運んでいたのでは無かったようです。




気を取り直し
まあ一通り、室内やオーディオ機器の様子をご覧ください。


c0217169_15453278.jpg

c0217169_15455913.jpg

c0217169_15475009.jpg

c0217169_15481574.jpg


c0217169_15483058.jpg

c0217169_15485255.jpg

c0217169_15490894.jpg


けっかんステレオサウンド誌に出てくるような機材ばかりです。
(けっかんではなくキカンでしたかね?)
写真でしか見たこともないものですが、ここで本物を見、聴くことが出来ました。

これで、予想外のショボイ音を出してほしい所なんですけどねぇ。
期待通り、或いはそれ以上のすんばらしい音を出されるんですぅ。
♪ルルル、言葉にできない

以前に増して、中音が濃く太くなっていました。
マークレビンソンのプリが新しく導入されてましたので、その効果でしょうか。
私には雲の上の機材で、型番なんかは知りません。
(調べました、No,52というのですね。)

c0217169_23354014.jpg


アバンギャルド・トリオの設置位置も調整したとのことでした。


c0217169_18193268.jpg




私、金は無くとも情熱と工夫とまぐれで、このSmokin'の音に追いつき追い越そうと努力を重ねてまいりました、しかしながら今回4度目の訪問で諦めました。
涙、涙の撤退であります。

音圧は勝負できます、迫力も負けてはいないと思います、解像度はどうかな、
鮮度は負けた、躍動感も、実在感も、音の厚み、密度、輪郭の確かさ、キレ、まあ今迄少しづつ追いついてきたと思っていましたが、あっと引き離されてました。

ただ、数の勝負だけは圧勝です。(泣き笑い)


夕食後、大分から町内会の方々も合流され、大宴会となる段取りでしたが、愛媛勢はへなちょこばかりで、途中失礼し宿に帰りました。
ごめんなさい、おやすみなさい。

c0217169_18332108.jpg



[PR]

by tatsuo2009 | 2018-05-15 12:16 | Jazz・Audio巡礼 | Comments(9)

九州托鉢の旅 その壱

パート収入が入りましたので、久さしぶりの九州方面へやっと出かけることが出来ました。

どういう訳か、熊本・大分の方々とはご縁が続き今回で4度目の訪問となります。
これは、大分の町内会というオーディオグループ会員皆様のお人柄によるものだと思います。
特に、相談役のような立場に居られる方のご尽力が大きい所でもあろうと思います。

さて5月12日早朝、いざ出発!

c0217169_08354308.jpg
三崎港から佐賀関へ渡りました。


第一目的地は、今回が初めてのコリン邸です。
コリンさんとは私、殆ど面識はなかったのですが、カバン持ちで帯同したU氏が紹介してくれました。

コリンさんのオーディオ装置の紹介はマッキントッシュのSPとジャーマンフィジックスのSPということで、集約できるかと思います。
(各装置の写真を載せておきます。)

c0217169_08513906.jpg

c0217169_08520328.jpg

c0217169_08523893.jpg
リスニングルームは二階の20畳以上の広い部屋に、米松や杉の無垢板をふんだんに張った気持ちの良い部屋です。
ただ改造工事時、大工が勝手に柱を短く切り天井が少し低くなってしまったとの事、これは残念です。


c0217169_08530383.jpg

c0217169_08532948.jpg
パワーアンプはマッキントッシュSP用に私も使用しているマランツPA02、ジャーマンフィジックス用にはマッキントッシュのアンプでした。
逆の組み合わせはどうなんでしょうか。


c0217169_08584596.jpg




c0217169_08542803.jpg
          (これは、U氏のオフ会旅行専用カバンです。)


初めてジャーマンフィジックスの音を聴かせていただきました、奇抜な形や構造ですが、出音は違和感なく下のJBL ウーハーとも自然なつながりに感じられます。
全方位型のドライバーらしく、部屋の中全体に音が広がり、空間が音で満たされます、体の後ろまで音楽が満ち渡ります、この感覚はとても良いですね。
音の瞬発力を求めるよりも、音の中に全身を満たし充足感を味合う幸せを感じられます。
更に、320Hz以上をこれ1基でカバーしてるとの事、これも守備範囲が広くシンプルに使いやすそうです。
ただ、とても高額なモノのようです。


マッキントッシュのSPはコリンさんご使用のタイプよりも上位のモノを別所で聴いたことがあるのですが、とても呆れた音でした。
音楽が楽しく鳴らない、調整が難しい機種なのかなと、その時はそういう印象持ちました。
しかし、コリン邸では良く鳴っています、とてもバランス良く、また聴かせて頂いたクラシック音楽はとても魅力的でした。
( 曲名?<m(__)m> )


c0217169_11524746.jpg

未体験のSP二機種を高い完成度で聴かせていただきました、コリンさん有難うございました。


[PR]

by tatsuo2009 | 2018-05-14 13:45 | Jazz・Audio巡礼 | Comments(2)

オーディオギャラリー樂人さん訪問

昨年来、訪問をお願いし半年以上待たされていたのですが、やっとOKの返事をいただき訪問させていただきました。
その間、色々改善をされていたらしいですが、そのことはご自身のホームページ
に書かれています。

私が気が付いた変更点は、LR完全独立のチャンデバ・パッシブプリを自作されたことです。
c0217169_18011507.jpg
 

c0217169_18023274.jpg
これで、チャンデバ・プリ以降LR完全独立回路になったそうです。

フォノイコも回路の改造をご自身でされたそうです。

c0217169_18060563.jpg
画像右隅のフィデリックス・レジェーロです、回路が弄れる方はいいですね!
あとはSPユニットの位置合わせ、ツイーターのメーカーメンテナンス・着磁とかをされたらしいです。


で、聴かせていただきました。

c0217169_18514015.jpg
今迄の印象は、中音に癖があり少し抜けが悪い印象だったのですが、
今日は、とてもスッキリ、ハッキリしピントがあった音です。

最初のクラシックはもう少しふくよかさ、柔らかさがあった方が良いかなとも思ったのですが、
JAZZやボーカルはとっても素敵です。
c0217169_19004987.jpg

c0217169_19010457.jpg
中でもこの2枚がとても印象に残りました。
素晴らしい音色です、エール音響製のドライバー、ツイーターの実力を知らされました。

樂人さん、残された時間の少ないことに気付かれ、本気で調整されたようです。(笑)

帰宅後同じ曲を聴きましたが、負けてます、私ももう時間が無いかもしれません、慌てるぞ!!
拙宅も、明日から半年間訪問お断りにします。

ただ、同行のK氏は低域の解像度が何とか、とご本人を前にして言っていました。

ともかく、まだまだ道は遠いことを知らされました、あと十年は頑張らないとたどり着けません。
う~ん




[PR]

by tatsuo2009 | 2018-02-02 19:34 | Jazz・Audio巡礼 | Comments(4)

音の阿片窟潜入

ホノルルB型インフルエンザからやっと生還したところで、しばらくは養生したいところなのですが、音を聴きに来なさいと命令があり11号線方面へ行ってきました。
この方は、孤高、独自のオーディオ路線を突き進んでいる方で、常識人の私から見るとウサギのしっぽや数珠などオカルトグッズマニアのようでもあります。
で、自作のフルレンジSPシステムが出来たので聴きに来いとの事なんです。
c0217169_19052049.jpg
確かに自作ぽいです。

c0217169_19053944.jpg
ユニットはDAYTON AUDIOの18cmのようです。

で音を聴かせていただきますと、
なんじゃ~、癖が強い!!
高域に変な癖があり、赤い鳥の五木の子守唄は聴けたものではありません。バックコーラスがとても耳障りです。
(これは、急用で帰らなくてはいけない。)

辺りを見回すと、変なものがあります。
c0217169_19162646.jpg
これは、宇宙との交信機なのかもしれない。
(ヤバイ、速攻で帰らないと拉致監禁されるかも。)

取り敢えず、一度交信機を外して聴かせていただきました。

あれれ、あった方が良いなあ~
外すと、ボーカルと楽器がバラバラで聴こえ、
あると、一体感が生じ調和した雰囲気が生じます。これは有りです。
TMDのステルスというものらしいです、でも値段がねぇ。

その後、色々な曲を聴いていきますと、最初の違和感がだんだん薄れ、何か快感が増してきました。
(何か盛られたか。)
前のほうを見回してみますと、

c0217169_19311733.jpg
TMD KGB ?
c0217169_19320354.jpg
KGBって?
ロシアのかなと思ったら
カン、ゴン、バッシャーン特化専用プリアンプなんですって。(^_^;)
(やっぱり、ヤバイなあ。)

で、シンバルの曲を聴かせていただきますと、
これは、凄いぞ!!
この様な芯のある、金属の重さが出る音は無いぞ!!
これを自慢したかったのですね、ひでさん。(*_*;
c0217169_19504655.jpg
で帰るころには、すっかり脳が痺れてしまい、癖が魅了に変わってしまっていました。
今度はKGB型インフルに感染したのかな。<m(__)m>

[PR]

by tatsuo2009 | 2018-01-16 19:52 | Jazz・Audio巡礼 | Comments(11)

今年最後のオフ会

今日(2017年12月30日)は今年最後のオフ会となりました。
というのは、Michelさんが善通寺にあるブツを取りに行くのだが、一人では持てないので一緒に行ってくれとのことで相成りました。

荷物を積み込んだ後、折角ですので拝聴させていただきました。
c0217169_23170479.jpg
美しい部屋に、ハイエンドの極みのオーディオ機器群であります。

c0217169_23193511.jpg
私には縁のない超高級機だらけでよく知りませんが、スイス製の機材でした。

c0217169_23214715.jpg
音は絶品でした。ザ・ダイアローグでは今年のベストワンかも知れません。

以前某K師に、お前のところは鍵盤が見えないと言われ、そんなん見えるところなんかあるものかと言い返した覚えがあるのですが、

ここにありました、スミマセン。

楽器の定位が素晴らしく、クッキリと芯があり、輪郭もばっちりです。

頂上はまだまだ遠いことを知りました、今年最後の勉強が出来ました。


で、ふと部屋の片隅に目をやりますと、

c0217169_23333917.jpg
やや!これは選ばれし者しか持つことを許されない、CDマスターの証しとも言われてるモノ。

やはり、そうであったか。


Kinyaさん、ありがとうございました。


Michelさん、ありがとうございました。
c0217169_23385714.jpg
今日のブツをかましたら、どんだけになるか楽しみです、また呼んでください。



[PR]

by tatsuo2009 | 2017-12-31 00:00 | Jazz・Audio巡礼 | Comments(15)

続・ビンテージの館とハイエンドの館訪問

さて次はハイエンドの館へ、

この方、私が知り合いになった頃はJBL DD55000 エベレストをご使用でした。
そして、PMC MB1へ(これは現用中)
やがて罹患、 Linn KLIMAX
さらに発症、Linn KOMRI

そしてとうとうGIYA G1、重症・危篤状態かも、




以前お見舞いにお伺いした時は、変なものだからと別室に隠されていたのですが、

c0217169_20274073.jpg





それが公開できる段階になったとのことで、案内いただきました。

愛媛の信頼できる凄耳の方達では、まだ粗を見破られる心配があるかも知れないと、
愛媛駄耳代表の私と、香川トンデモマニア代表のひでさんと、ビンテージマニアK氏が案内されました。


c0217169_20384392.jpg
「価格はワシのより100倍高いが、背の高さは同じじゃ~」 と、叫ぶ某氏



c0217169_20441461.jpg
うむ、なかなか絵になりますねぇ~
c0217169_22492308.jpg

音は?

c0217169_20462207.jpg












惚れ惚れする、美音であります。
目をつぶると、隣にいるオッサンを忘れ、コンサートホールに居るような世界に引き込まれていきました。
素晴らしい、とてもいいなぁ!





しかし、設置直後で音が出るようになっただけですので、まだ色々調整の余地はあると思います。
そして、今以上に素晴らしくなるポテンシャルがたっぷりあるうえに、
更なる高みめざし、何やら驚くものを導入されるようで、今以上の完成がとても楽しみです。
またお伺いしたいです。


[PR]

by tatsuo2009 | 2017-12-17 19:20 | Jazz・Audio巡礼 | Comments(4)

ビンテージの館とハイエンドの館訪問

Michelさんから、GIYA G1が一応聴けるようになったから聴きに来なさい、と案内があったので行ってきました。
折角ですので、同じ新居浜ののK氏宅へもお伺いすることにしました。

K氏はSPシステムを4セットお持ちですが、ALTEC 820Cというものはまだ聴かせていただいてなかったので、今回はそれもお願いしました。

先ずはアキシオム80です。
c0217169_19533013.jpg

非常に整い、華やか美しい音です。


次は820Cです。
c0217169_19575509.jpg
素晴らしい!!
c0217169_19591237.jpg
最高です、これで十分だと思いました。



〆は、JensenとGaussのシステムです。
c0217169_20022117.jpg
K氏はJensenの方が好みだとの事でしたが、私はAltecでした。
以前お聞かせいただいたボザークも良かったですが、一つだけと言われると820Cでしょうか。




それと逆EQカーブとか言う機材を使われていました。

c0217169_21113610.jpg
CDの出力をこれに入力し、これからプリアンプのフォノ入力に入れるそうです。
そうすると、CDがアナログの様な音になるそうです。

c0217169_21144121.jpg
ふ~ん、知りませんでした。


続く

[PR]

by tatsuo2009 | 2017-12-16 21:17 | Jazz・Audio巡礼 | Comments(10)