エクスクルーシヴのオーディオ隠れ家


オーディオの日誌
by エクスクルーシヴ
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
今日


全体

カテゴリ
最新の記事
5年過ぎ、
at 2018-11-17 13:15
ヴァイタボックスCN191タ..
at 2018-10-14 19:52
対決! Altec 820 ..
at 2018-09-23 23:07
最新のコメント
OTさん 安心してくだ..
by tatsuo2009 at 21:40
Michelさん P0..
by tatsuo2009 at 21:35
P0諦めちゃダメw
by OT at 21:07
もうP0は諦めましょう!..
by Michel at 20:27
wooさん いや..
by tatsuo2009 at 17:53
ん?徘徊しない様に自分で..
by woo at 15:50
ponさん すみません..
by tatsuo2009 at 22:29
男子武士一縷苦救え
by pon at 17:46
takaさん 40年近..
by tatsuo2009 at 22:49
お互い嫁は大事にしなくて..
by taka at 19:34
お気に入りブログ
外部リンク
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2012年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧


暇人、JBLパラゴンを聴く

今日はパラゴンを聴きに行きました。
c0217169_18284552.jpg
非常に程度の良い美品といえるパラゴンです、大事に取り扱われているようです、ただしどこかのように触ってはいけませんという札はありません。

c0217169_18292772.jpg
アンプは以前はマッキントシュでしたが、それよりも遥かに良いと判断した上杉の真空管アンプです。チャンデバも上杉のパラゴン用に設計されたもので2WAYマルチで今日は聴かせていただきました。ネットワークでも聴くことがあるそうですが、低域はマルチのほうが良いそうです。確かに、聞き覚えのあるパラゴンの音よりもしっかりした低音が出ていましたので、ステッカーをお渡ししました。(^o^)
c0217169_18295177.jpg
CDプレーヤーはイギリスの何とかでした。
c0217169_18302829.jpg
薪ストーブはダッジウエストだと思います、非常に熱効率が良いです。

c0217169_1831511.jpg
天井高は7,5mもある吹き抜けです。
c0217169_18313431.jpg
落ち着いた雰囲気で音楽を楽しまれている方です。

実はこの方は、私の幼なじみで小中学校、最初の就職会社と一緒でした。
20年近くご無沙汰していましたが、片やパラゴンD44000、片やエベレストDD77000とご縁があるようです。(^_-)
[PR]

by tatsuo2009 | 2012-03-31 18:59 | Jazz・Audio巡礼 | Comments(2)

暇人、アルテックA5を聴く

今日は平日の日中にもかかわらず市内のオーディオマニア宅を訪問しました。
暇人が6人も集結しましたが、私とKuniさん以外はお忍びのようです。
もっと汗だし働いて私の年金を支えて欲しいものです。

さて訪問先のY氏邸のオーディオルームは20畳と広く、スピーカーとアンプはオーディオショップほどあります。中でもA5が威風堂々と正面に鎮座しています。
c0217169_1938692.jpg

私が最初にJBLのスピーカーを買わなかったら、アルテックにいっていたと思います。なかでもA5がいいですね。見た目が先ずかっこいいです、製品は見た目も大事です。
で、音出しですが、
男性ボーカルを300Bのアンプで聴かせていただいたときは、熊本オーディオ道場のハーツフィールドを彷彿とさせてくれました。
c0217169_195158100.jpg
右側の緑色のトランスカバーのアンプです。
芳醇、色濃く密度のあるいい音です。
次に左側のマッキントシュのアンプに換えJAZZ等を聴かせていただきました。A5のタイプにしては低い音も良く出ていました。
私でしたら、KT88と300Bのマルチをやりたいですね!

次にアナログタイムとなりました。
c0217169_2014375.jpg
モノラルレコードを聴かせていただきました。
この装置で悪いわけがないです、11時過ぎから聴き始めとうに昼を越えているにもかかわらず、空腹どころかあまりの気持ちよさにウトウトとしてしまいました。

c0217169_206294.jpg
天井も高くすばらしいオーディオ環境です、まさにオーディオの宝石箱です!!(^o^)

Yさん、ご同行させていただいた皆さん、ありがとうございました。
[PR]

by tatsuo2009 | 2012-03-27 20:18 | Jazz・Audio巡礼 | Comments(3)

夜の訪問者

昨夜ひでさんが突然来られました。
c0217169_199798.jpg

出張でこちらに1ヶ月近く来られているそうです。
仕事上がりの夜は、JAZZ喫茶に行ったりして楽しまれているそうです。
私好みに調整していたDD77000は高域不足だったようで、オーディオでは満足していただけなかったので、万長ラーメンで満足していただきました。
その後、ひでさん自作の電源ケーブルに交換すると、定位が良くなり私には耳障りな高域が落ち着いてきました。ラーメン代にいただけるのかと思っていたのですが、持って帰られました。(-_-;)
[PR]

by tatsuo2009 | 2012-03-24 19:31 | オーディオ | Comments(7)

讃岐遠征

今日はMichelさんのお誘いで讃岐遠征です。

教授さん宅

c0217169_21241060.jpg
広々としたオーディオルーム
c0217169_21244521.jpg
私の知らない高級機器だらけ
c0217169_21251343.jpg
秘密のテーブルタップ


以前よりもさらに洗練された音になっており、ボーカルを聴かせていただいたときはスピーカーが消え、中空の一点にポッと声が浮かび上がりました。
私はこのような状態はあまり体験したことがありません、注文の付けようがないという印象です。


次はkin-yaさん宅です。

c0217169_21272823.jpg
同じく広々としたオーディオルーム
c0217169_21275831.jpg
c0217169_21283034.jpg

同じく私の知らない高級機器だらけ

以前お伺いしたときはMB-1でしたが、それは誰かに騙し取られたとかで、サーシャというスピーカーに変わっていました。
MB-1の小気味よい低音が印象に強く残っていたのですが、サーシャは美しい貴婦人のような印象でさらに高域の切れスピード良く、潜在的なポテンシャルをまだまだすごいモノを持っているような気がしました。が、その能力をすべては引き出さず、過程を楽しまれているような気がしました。


c0217169_2145212.jpg
弟分からいただきました。

今日は、昼食に讃岐うどんもいただき、いろいろオーディオ談議もし、楽しい1日となりました。
同行の皆さん、ありがとうございました。
[PR]

by tatsuo2009 | 2012-03-20 22:04 | Jazz・Audio巡礼 | Comments(7)

Project EVEREST DD77000/AGT

JBLの思想、情熱、感性…
60年の歴史のすべてをここに集大成。
オーディオ再生の未踏の高峰に到達した Project EVEREST DD77000。

このたびエクスクルーシヴ生誕60周年(私が今年で60歳になります。)を記念し、・・・・・・・・・・

となどと調子こいていたのですが、一発でボツになりこりもせず改作の発表です。

c0217169_17454932.jpg
c0217169_17462056.jpg

・・・たどり着いた未踏の高峰エベレストは、6WAYオールホーンシステム。

Vローデッドホーンとフロントロードホーンを合体しこれでもだめか!と言わんばかりの2基のバスホーン、3基のロー、ミッド、ミッドハイホーンと1基のホーンツイーターを組み合わせた寄せ集めのホーンタワー。

まさにオーディオルームにそびえ立つ巨峰エベレスト連峰・・・

誰もやろうとも思わなかった、誰も唖然とし聴きたくもなくなってしまった。

本当の馬鹿とアホと泥沼がここにあります。

名付けて ”Project EVEREST DD77000/AGT ”


注:バスホーンとホーンタワーの構成は、エクスクルーシヴ工房のオリジナルです。
よく似た構成のメーカーがあったような気がしますが。まったく音もレベルも別物です。

*なお一般公開は美音倶楽部会長の点検許可後になります、もうしばらくお待ちください。
[PR]

by tatsuo2009 | 2012-03-18 19:20 | Comments(5)

山へ、 薪作り

昨日の雨も上がり、今日は快晴です。
友人の山へ、薪を取りに行きました。
ほとんどの伐採作業は友人のKさんがやってくれるのですが、山を歩くだけでもへとへとの私です。
c0217169_1605142.jpg
これで来年の薪は確保出来ました。しかし、これを山から運び薪割りし、保管するまで結構大変です。
木を切り、運び、薪を割り、そして燃やし、薪は4度人を暖めてくれます。
あなたは何度人を暖めたことがありますか、(女性をという意味ではありませ。(^_-) )

c0217169_1623981.jpg
いつもお世話になってるKさんです、同級生です。
[PR]

by tatsuo2009 | 2012-03-10 16:28 | その他 | Comments(2)

美音倶楽部入会

美音倶楽部のステッカーが出来たからと連絡をいただき、RYOさん宅をお邪魔しました。
c0217169_2085827.jpg
我が低音倶楽部のステッカーに較べデザインもこったすばらしいできばえです。
会員資格はないような気がしたのですが、いただいたので会員になってしまいました。
この上は会の名に恥じぬよう、美音を出さねばと思いました。
で、会長の音を聴かせていただきました。
c0217169_20293312.jpg

以前聴いたときは、まだ調整が十分でなかったのか少しベールに包まれたような感じがしたのですが、今日は文句ないくっきりし、ピントのあった定位も良くまさにモニター的な音でした。特に高音がその名の通り、美音でした。
ケーブル類を調整したとのことです。

その後、我が家に来られ、できたてのDD77000を聴いていただいたのですが、会長はするどく問題点を見つけられ、さらに改良することとなりました。
しばらくDD77000宣言は取り下げしときます。
[PR]

by tatsuo2009 | 2012-03-04 20:43 | Jazz・Audio巡礼 | Comments(8)

Project EVEREST DD77000

JBLの思想、情熱、感性…
60年の歴史のすべてをここに集大成。
オーディオ再生の未踏の高峰に到達した Project EVEREST DD77000。

このたびエクスクルーシヴ生誕60周年を記念し、JBLの新しい時代の象徴となる次世代フラッグシップモデル“Project EVEREST DD77000”が誕生しました。

大型ウーファーに強力なコンプレッションドライバーを組み合わせる伝統の2ウェイ・スタイルを基本に、デザイン、音響設計、コンポーネンツ、製造のすべてに、60年の歴史の中で培ってきた間に合わせ・思いつき・貧乏人根性を傾注。スピーカーの再現能力を大きく進化?させ、音楽再生の新しい領域を切り拓くスピーカーを創り上げました。
誰も想像し得なかった、誰も到達することのできなかった、誰もやろうとも思わなかった、

驚きと馬鹿とアホがここにあります。

c0217169_20222364.jpg
なんか違うって!
c0217169_2023139.jpg
DD77000だー!

・・・本物のDD66000使用者の方、失礼しました。笑って許してください。m(_ _)m
[PR]

by tatsuo2009 | 2012-03-03 20:48 | オーディオ | Comments(9)