エクスクルーシヴのオーディオ隠れ家


オーディオの日誌
by エクスクルーシヴ
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
今日


全体

カテゴリ
最新の記事
徳島巡礼
at 2018-07-15 22:50
良識あるアナログマニアの方限..
at 2018-06-22 16:41
カートリッジキーパー EX-..
at 2018-06-04 16:47
最新のコメント
k100さん たまたま..
by tatsuo2009 at 09:04
奥方が若く見えますねぇ〜..
by k100 at 08:19
wooさん、もう積め..
by tatsuo2009 at 08:02
最後のくだりがウケた(笑)
by woo at 00:55
ponさん 雨にも..
by tatsuo2009 at 19:20
雨大丈夫?
by pon at 15:26
ミーさん 過分なお言葉..
by tatsuo2009 at 22:11
カートリッジキーパーの実..
by ミー at 21:32
お高いものはありません。..
by taka at 08:35
隣に座られただけの方です。
by tatsuo2009 at 22:03
お気に入りブログ
外部リンク
以前の記事
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2017年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧


今年最後のオフ会

今日(2017年12月30日)は今年最後のオフ会となりました。
というのは、Michelさんが善通寺にあるブツを取りに行くのだが、一人では持てないので一緒に行ってくれとのことで相成りました。

荷物を積み込んだ後、折角ですので拝聴させていただきました。
c0217169_23170479.jpg
美しい部屋に、ハイエンドの極みのオーディオ機器群であります。

c0217169_23193511.jpg
私には縁のない超高級機だらけでよく知りませんが、スイス製の機材でした。

c0217169_23214715.jpg
音は絶品でした。ザ・ダイアローグでは今年のベストワンかも知れません。

以前某K師に、お前のところは鍵盤が見えないと言われ、そんなん見えるところなんかあるものかと言い返した覚えがあるのですが、

ここにありました、スミマセン。

楽器の定位が素晴らしく、クッキリと芯があり、輪郭もばっちりです。

頂上はまだまだ遠いことを知りました、今年最後の勉強が出来ました。


で、ふと部屋の片隅に目をやりますと、

c0217169_23333917.jpg
やや!これは選ばれし者しか持つことを許されない、CDマスターの証しとも言われてるモノ。

やはり、そうであったか。


Kinyaさん、ありがとうございました。


Michelさん、ありがとうございました。
c0217169_23385714.jpg
今日のブツをかましたら、どんだけになるか楽しみです、また呼んでください。



[PR]

by tatsuo2009 | 2017-12-31 00:00 | Jazz・Audio巡礼 | Comments(15)

SP中継ターミナルの製作

オヤイデTUNAMI NIGOというケーブルを3m×2本、入手しました。
今迄にもこれより短いものは信号ケーブルとして使用しているのですが、本来のスピーカーケーブルとして使用してみたいのです。
しかし、アンプからスピーカーまでは6m必要で、長さが足りません。
邪道かも知れませんが、別種のケーブルと中継端子でつなぐことにしました。
市販品の中継端子もあると思うのですが、暇なので製作します。

素材は外径32mm銅の丸棒です、M12のネジを切ってあるものをオークションで手に入れてました。
c0217169_10425838.jpg


これにケーブルを通す横穴をあけ、上からボルトで締結します。



c0217169_20491897.jpg
c0217169_10501122.jpg


まあ、ケーブルもツギハギしないとやれなくなってしまいました。😿



[PR]

by tatsuo2009 | 2017-12-25 11:12 | オーディオ | Comments(6)

続・ビンテージの館とハイエンドの館訪問

さて次はハイエンドの館へ、

この方、私が知り合いになった頃はJBL DD55000 エベレストをご使用でした。
そして、PMC MB1へ(これは現用中)
やがて罹患、 Linn KLIMAX
さらに発症、Linn KOMRI

そしてとうとうGIYA G1、重症・危篤状態かも、




以前お見舞いにお伺いした時は、変なものだからと別室に隠されていたのですが、

c0217169_20274073.jpg





それが公開できる段階になったとのことで、案内いただきました。

愛媛の信頼できる凄耳の方達では、まだ粗を見破られる心配があるかも知れないと、
愛媛駄耳代表の私と、香川トンデモマニア代表のひでさんと、ビンテージマニアK氏が案内されました。


c0217169_20384392.jpg
「価格はワシのより100倍高いが、背の高さは同じじゃ~」 と、叫ぶ某氏



c0217169_20441461.jpg
うむ、なかなか絵になりますねぇ~
c0217169_22492308.jpg

音は?

c0217169_20462207.jpg












惚れ惚れする、美音であります。
目をつぶると、隣にいるオッサンを忘れ、コンサートホールに居るような世界に引き込まれていきました。
素晴らしい、とてもいいなぁ!





しかし、設置直後で音が出るようになっただけですので、まだ色々調整の余地はあると思います。
そして、今以上に素晴らしくなるポテンシャルがたっぷりあるうえに、
更なる高みめざし、何やら驚くものを導入されるようで、今以上の完成がとても楽しみです。
またお伺いしたいです。


[PR]

by tatsuo2009 | 2017-12-17 19:20 | Jazz・Audio巡礼 | Comments(4)

ビンテージの館とハイエンドの館訪問

Michelさんから、GIYA G1が一応聴けるようになったから聴きに来なさい、と案内があったので行ってきました。
折角ですので、同じ新居浜ののK氏宅へもお伺いすることにしました。

K氏はSPシステムを4セットお持ちですが、ALTEC 820Cというものはまだ聴かせていただいてなかったので、今回はそれもお願いしました。

先ずはアキシオム80です。
c0217169_19533013.jpg

非常に整い、華やか美しい音です。


次は820Cです。
c0217169_19575509.jpg
素晴らしい!!
c0217169_19591237.jpg
最高です、これで十分だと思いました。



〆は、JensenとGaussのシステムです。
c0217169_20022117.jpg
K氏はJensenの方が好みだとの事でしたが、私はAltecでした。
以前お聞かせいただいたボザークも良かったですが、一つだけと言われると820Cでしょうか。




それと逆EQカーブとか言う機材を使われていました。

c0217169_21113610.jpg
CDの出力をこれに入力し、これからプリアンプのフォノ入力に入れるそうです。
そうすると、CDがアナログの様な音になるそうです。

c0217169_21144121.jpg
ふ~ん、知りませんでした。


続く

[PR]

by tatsuo2009 | 2017-12-16 21:17 | Jazz・Audio巡礼 | Comments(10)

Luxman M-10 を聴く

博堂さんから、M-10を聴きに来なさいと案内をいただき、行ってきました。
博堂さんはLux党で、C-10プリアンプとM-07パワーアンプを持たれてますが、C-10とM-10の黄金コンビで聴いてみたく最近入手されたそうです。
c0217169_19155477.jpg
えらくエネルギッシュで力強い音に大変貌していました。

猪股猛のザ・ダイアローグを聴くと、
低音ブンブン、ゴリゴリ
高音チンチン、カンカン
へ~、ティールってこんな音が出るのかと驚きました。


c0217169_19225399.jpg
パワーアンプも影響力大きいのですねぇ、プリアンプも影響大きいし、ケーブルも。

その後持ち込んだ10枚ほどのCDを聴かせていただきましたが、どれも切れと強さとエネルギーのある良い音でした。

ただ、林英哲の太鼓ではビビり音があり、SPユニットの不具合があるようでした。
博堂さんも以前から少し感じていたようで、メーターを振り切らせた私のせいではありません。


気を取り直し、SPをハーベスHL-5に変更してみました。
グラシェラ・スサーナのアドロでは、声が強すぎるように感じましたので、パワーアンプをM-07に変更して聴かせていただきました。
こちらの方がシルキーで艶が増し、相性が良いように思いました。

LuxmanC-10+M-10とティールCS7
    C-10+M-07とハーベスHL-5 で、博堂無敵艦隊の完成でしょうか。

いや、CDプレーヤーのD-10も揃えないと。(笑)



[PR]

by tatsuo2009 | 2017-12-13 19:53 | Jazz・Audio巡礼 | Comments(2)

静かな冬の愉しみ

完全退職から年金生活2年目になりました、
日中はオーディオ工作、家庭菜園、家屋の修理、音楽を聴いたりして過ごしています。

我が家は田んぼの中に在り、農繁期には音楽は少し遠慮気味になります。
しかしこの冬の時期は農閑期で、日中も遠慮なく大音響で楽しめます。

また寒い日は薪ストーブも楽しめます。
c0217169_17283279.jpg
この時期はアンプの過熱の心配も無く、オーディオと音楽のベストシーズンです。



この2年でオーディオ関係の思いつくことは大体やりました。
もちろん、予算があればまだまだいくらでもやりたいことはあるのですが、もう出来ません。




私の目指す音の理想は、

ドア越しに聞こえるライブの音、いいな~とドアを開けてみると演奏者はいない。
そこにはひっそりと、オーディオ機器があった。

c0217169_17405432.jpg
ひっそりと、ではありませんが。(笑)

私に残されてる時間で実現は出来そうもない。(*_*;




もう新しく機材を購入するどころか、中古で買い集めた機材が年中故障し、その修理費で悩んでいます。
現在もラックスDU10がトレイの動作不安定のため友人経由で修理に出しました、esotericP-70も回転音が大きい時があり少し心配です、エクスクルーシヴM5も2台ノイズがあり怪しい。
まあ現状維持で精一杯です。

そんなところで、大きなオーディオネタはありませんが、高域の改善になるかと思い、ツイーターの設置をいじってみました。


c0217169_17554606.jpg
メインSPシステムに対向してツイーターを4個設置しています。

ボーカルが前に出て来たような、悪くない感じしてます。
悪ければ元の設定に戻せます。



あと、SPU用のフォノイコですが、

c0217169_23560130.jpg


LINNから以前に入手し遊ばせていたハットオーディオ製の真空管式のフォノイコに変更してみました。

c0217169_18062681.jpg
左がLinn,右がハットオーディオ

丁度、隣のオバサンがたまたま来られましたので、聴いていただきました。
(もちろん、フォノイコが何のことかご存じありません。)

Linnは音がハッキリし前に出てくるが、ハットオーディオのほうが聴きやすく好みだと事でした。
金策にハットオーディオは売却しようかと思っていたのですが、困りました。

オバサン、お金貸してください!





[PR]

by tatsuo2009 | 2017-12-07 23:56 | オーディオ | Comments(7)