エクスクルーシヴのオーディオ隠れ家


オーディオの日誌
by エクスクルーシヴ
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
今日


全体

カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
お気に入りブログ
外部リンク
以前の記事
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

九州托鉢の旅 その四

今回最後の訪問先となりました。

部屋に入るなり、大音響・衝撃波・振動・揺れ・・・暗い中に閃光を浴び

地震!!?  着弾!!?

かと思ったのですが、映画でした。


c0217169_09055112.jpg

c0217169_07590859.jpg


まさに狂気全開、ここはPON師宅です。

この部屋、町内会会員の皆様は私利私欲の部屋と呼んでいるようですが、正しくはある法人の研修室だと思います。
当然、研修に使われる視聴覚機材は完備されてますよ。



c0217169_09285086.jpg
手前に倒されているのはスクリーンです。
シャラーホーンの中に収めてるのは会員様分のツボです、既にお一人はお入りになっています。



c0217169_09492148.jpg
              キャノン砲、左右に2基。



c0217169_09495535.jpg

c0217169_09502292.jpg

c0217169_09504770.jpg


c0217169_09511463.jpg


c0217169_09513906.jpg
今回の目玉、ソウルノートの最新フォノイコライザー E-2


c0217169_09522919.jpg
今回の超目玉、DS Audio 香典式カートリッジ     DS MASTER1


ソウルノートは私も好きで、鈴木さんが開発したマランツPA02は8台持っています。(故障は多い)
フォノイコライザーも良さそうですが、高くて手が出ません。
今回初めて光電式カートリッジを聴かせていただきました、光と聞いてデジタル出力かと思ったのですが、アナログ出力でした。
詳しくはこちらを、http://www.ds-audio.biz/光カートリッジとは/

出音は、良さそうです。
先入観で現代的な音がしそうと思いがちですが、そうでもなく太めで密度もある好ましい感じでした。
こういったものは自宅視聴してみないと、判断できませんが、値段を考えなければ良いですね。
(フォノイコ55万、最上級の光電式カートリッジで70万)

この機材は、もしかしたら今回我々のために手配していただいたのではないかと思うのですが、大変高額なものを有難うございます。

更には、umekichi氏はPON師より何か特別なものを頂いたようです、


c0217169_09060974.jpg
これで兄弟の盃を交わしたのでしょうか。



お前、托鉢はしたのかって、
はい、訪問先各戸で十分なものを頂きました。
カバンに入らなかったものは、宅配で届くはずです。
しかし、一番有難かったのは町内会皆様の御接待のお気持ちでございます。


訪問先の皆様、ご同行の皆様、ありがとうございました。



2018,05,21 追記

町内会は真実を語っていない、何を守ろうとしているのか。       ・・・・愛媛県痴爺
c0217169_11140729.jpg


[PR]

# by tatsuo2009 | 2018-05-17 20:44 | Jazz・Audio巡礼 | Comments(11)

九州托鉢の旅 その参

さて翌日、次の目的地は大分市内です。
13日の大分一軒目は、O氏宅を訪問させていただきました。

O氏も町内会会員だったのですが、一昨年前に交通事故でお亡くなりになってしまいました。
しかし、現在も月命日に町内会の皆さん集まり、偲ぶ会をされてるそうです。

オーディオ機器も当時のまま稼働できるよう、大切に保存されています。

これは生前のお人柄が偲ばれます。



ご愛用されてたオーディオ機器です。

c0217169_09145017.jpg
c0217169_09153714.jpg


c0217169_09164192.jpg


c0217169_09161624.jpg


c0217169_09170811.jpg




こちらも今回で4度目の訪問になるのですが、ご本人が他界されてるにも関わらず音が更に向上していました。


私の装置は私が死んでも未完成のままでしょうが、Oさん完成してますね。
私の装置は私が死んだら持ち去られるでしょうが、Oさん大切にされてますよ。

町内会の皆さんがそちらに行かれるまでもうしばらく、そちらでもお幸せにお過ごし下さい。 合掌

[PR]

# by tatsuo2009 | 2018-05-16 22:52 | Jazz・Audio巡礼 | Comments(2)

九州托鉢の旅 その弐

コリン邸を辞し、次の目的地へ向かいました。

大分から熊本へ向かいます、熊本に入りますと、ところにより道路が大きく上下にうねっており、工事中になっていたり、通行止めの箇所もありました。
運転手役で帯同したH氏にルートを探索させながらの進行でした、震災の復興はまだまだのようです。

行程計画より少し遅れましたが、阿蘇に無事到着しました。
c0217169_15212569.jpg
         ここは公園ではありません、私有の宅地です。



c0217169_15231890.jpg


       これは、ガダルカナル島に残された旧日本軍のトーチカ


ではありません、半地下式のオーディオ専用ルームです。
この構造のせいか、地震にも殆ど被害が無かったそうです。
(少し近くには仮設住宅団地がありました。)

右隣建物はは庭の東屋です。
本宅は私の判断で、非公開にしておきます。




早速、トーチカ内部へ侵入

c0217169_15391018.jpg
ありゃ、ここの主wooさんと、ひでさん、umekichiさんが悪しき計画を練っているようです。

c0217169_10490715.jpg
レコードを運んでいたのでは無かったようです。




気を取り直し
まあ一通り、室内やオーディオ機器の様子をご覧ください。


c0217169_15453278.jpg

c0217169_15455913.jpg

c0217169_15475009.jpg

c0217169_15481574.jpg


c0217169_15483058.jpg

c0217169_15485255.jpg

c0217169_15490894.jpg


けっかんステレオサウンド誌に出てくるような機材ばかりです。
(けっかんではなくキカンでしたかね?)
写真でしか見たこともないものですが、ここで本物を見、聴くことが出来ました。

これで、予想外のショボイ音を出してほしい所なんですけどねぇ。
期待通り、或いはそれ以上のすんばらしい音を出されるんですぅ。
♪ルルル、言葉にできない

以前に増して、中音が濃く太くなっていました。
マークレビンソンのプリが新しく導入されてましたので、その効果でしょうか。
私には雲の上の機材で、型番なんかは知りません。
(調べました、No,52というのですね。)

c0217169_23354014.jpg


アバンギャルド・トリオの設置位置も調整したとのことでした。


c0217169_18193268.jpg




私、金は無くとも情熱と工夫とまぐれで、このSmokin'の音に追いつき追い越そうと努力を重ねてまいりました、しかしながら今回4度目の訪問で諦めました。
涙、涙の撤退であります。

音圧は勝負できます、迫力も負けてはいないと思います、解像度はどうかな、
鮮度は負けた、躍動感も、実在感も、音の厚み、密度、輪郭の確かさ、キレ、まあ今迄少しづつ追いついてきたと思っていましたが、あっと引き離されてました。

ただ、数の勝負だけは圧勝です。(泣き笑い)


夕食後、大分から町内会の方々も合流され、大宴会となる段取りでしたが、愛媛勢はへなちょこばかりで、途中失礼し宿に帰りました。
ごめんなさい、おやすみなさい。

c0217169_18332108.jpg



[PR]

# by tatsuo2009 | 2018-05-15 12:16 | Jazz・Audio巡礼 | Comments(9)