エクスクルーシヴのオーディオ隠れ家


オーディオの日誌
by エクスクルーシヴ
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
今日


全体

カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
お気に入りブログ
外部リンク
以前の記事
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

トランス

超重量級のトランスを導入しました。



c0217169_19044073.jpg
手を振って、恍惚のトランス状態?です。


ん、
違った、重量級のノイズカットトランスを導入しました。

c0217169_19091085.jpg
しかし2台合わせても、負けてます。



ノイズ減少には結構効果ありました。
c0217169_19145453.jpg
トランスも数じゃ。



今日は折角四国の重鎮の方にお越しいただいたので、熊本西原村のシルクスイートという品種の焼き芋を召し上がっていただきました。
c0217169_19230895.jpg

(減量には逆効果)
c0217169_19190197.jpg
(数年前に、ある方から送っていただき、これすっかり気に入りました。しかしその後一向に来なくなったので、自分で取り寄せています。
もしかしたら、すでに逝かれたのか?)


片や、
逝っていたDVD-AUDIO、復活しました。

c0217169_19282541.jpg
Luxman DU-10 捨てたモノではありません。

c0217169_19293876.jpg
怒濤万里ではCD盤に圧勝です。
でも、ソフトがあまり無いのよねえ~  残念!!



[PR]

# by tatsuo2009 | 2018-02-14 19:42 | 使用機器 | Comments(9)

オーディオギャラリー樂人さん訪問

昨年来、訪問をお願いし半年以上待たされていたのですが、やっとOKの返事をいただき訪問させていただきました。
その間、色々改善をされていたらしいですが、そのことはご自身のホームページ
に書かれています。

私が気が付いた変更点は、LR完全独立のチャンデバ・パッシブプリを自作されたことです。
c0217169_18011507.jpg
 

c0217169_18023274.jpg
これで、チャンデバ・プリ以降LR完全独立回路になったそうです。

フォノイコも回路の改造をご自身でされたそうです。

c0217169_18060563.jpg
画像右隅のフィデリックス・レジェーロです、回路が弄れる方はいいですね!
あとはSPユニットの位置合わせ、ツイーターのメーカーメンテナンス・着磁とかをされたらしいです。


で、聴かせていただきました。

c0217169_18514015.jpg
今迄の印象は、中音に癖があり少し抜けが悪い印象だったのですが、
今日は、とてもスッキリ、ハッキリしピントがあった音です。

最初のクラシックはもう少しふくよかさ、柔らかさがあった方が良いかなとも思ったのですが、
JAZZやボーカルはとっても素敵です。
c0217169_19004987.jpg

c0217169_19010457.jpg
中でもこの2枚がとても印象に残りました。
素晴らしい音色です、エール音響製のドライバー、ツイーターの実力を知らされました。

樂人さん、残された時間の少ないことに気付かれ、本気で調整されたようです。(笑)

帰宅後同じ曲を聴きましたが、負けてます、私ももう時間が無いかもしれません、慌てるぞ!!
拙宅も、明日から半年間訪問お断りにします。

ただ、同行のK氏は低域の解像度が何とか、とご本人を前にして言っていました。

ともかく、まだまだ道は遠いことを知らされました、あと十年は頑張らないとたどり着けません。
う~ん




[PR]

# by tatsuo2009 | 2018-02-02 19:34 | Jazz・Audio巡礼 | Comments(4)

音の阿片窟潜入

ホノルルB型インフルエンザからやっと生還したところで、しばらくは養生したいところなのですが、音を聴きに来なさいと命令があり11号線方面へ行ってきました。
この方は、孤高、独自のオーディオ路線を突き進んでいる方で、常識人の私から見るとウサギのしっぽや数珠などオカルトグッズマニアのようでもあります。
で、自作のフルレンジSPシステムが出来たので聴きに来いとの事なんです。
c0217169_19052049.jpg
確かに自作ぽいです。

c0217169_19053944.jpg
ユニットはDAYTON AUDIOの18cmのようです。

で音を聴かせていただきますと、
なんじゃ~、癖が強い!!
高域に変な癖があり、赤い鳥の五木の子守唄は聴けたものではありません。バックコーラスがとても耳障りです。
(これは、急用で帰らなくてはいけない。)

辺りを見回すと、変なものがあります。
c0217169_19162646.jpg
これは、宇宙との交信機なのかもしれない。
(ヤバイ、速攻で帰らないと拉致監禁されるかも。)

取り敢えず、一度交信機を外して聴かせていただきました。

あれれ、あった方が良いなあ~
外すと、ボーカルと楽器がバラバラで聴こえ、
あると、一体感が生じ調和した雰囲気が生じます。これは有りです。
TMDのステルスというものらしいです、でも値段がねぇ。

その後、色々な曲を聴いていきますと、最初の違和感がだんだん薄れ、何か快感が増してきました。
(何か盛られたか。)
前のほうを見回してみますと、

c0217169_19311733.jpg
TMD KGB ?
c0217169_19320354.jpg
KGBって?
ロシアのかなと思ったら
カン、ゴン、バッシャーン特化専用プリアンプなんですって。(^_^;)
(やっぱり、ヤバイなあ。)

で、シンバルの曲を聴かせていただきますと、
これは、凄いぞ!!
この様な芯のある、金属の重さが出る音は無いぞ!!
これを自慢したかったのですね、ひでさん。(*_*;
c0217169_19504655.jpg
で帰るころには、すっかり脳が痺れてしまい、癖が魅了に変わってしまっていました。
今度はKGB型インフルに感染したのかな。<m(__)m>

[PR]

# by tatsuo2009 | 2018-01-16 19:52 | Jazz・Audio巡礼 | Comments(11)